Shinnosuke Inugai - Biography

EN / DE / 日本語


Biography

Profile

English

Shinnosuke Inugai

was born in Hamamatsu (Japan) and began music lessons at Yamaha Music School.

Beginning in 2000 he studied at  Toho Gakuen School of Music with Prof. N. Kato and Prof. N. Nakai.

After graduating with highest distinction he was invited to perform a recital for the Japanese Emperor in the Music Hall of the Imperial Palace.

Music Studies in Europe

He continued his studies with Prof. Catherine Vickers at the Hochschule für Musik und Darstellende Kunst Frankfurt, completing them with his concert exam.

Piano Competitions

Shinnosuke has won numerous prizes at national and international competitions including the Tokyo Music Competition, Jaen International Piano Competition, the Maj Lind Competition and the Telecom Beethoven Competition in Bonn (Germany).

Concerts and Performances

He performs with renowned orchestras – Tokyo Philharmonic, Yomiuri Nippon Symphony, Tokyo Metropolitan Symphony, Japan Philharmonic as well as with orchestras in Germany, Finland, Italy, Spain and Jordan.

He regularly concertizes, also presenting his own compositions in Japan and in Europe.

Recently, an extraordinary concert tour took him to Uganda.

Biografie

Deutsch

Geboren in Hamamatsu
Japan

Shinnosuke Inugai erhielt seine musikalische Früherziehung an der Yamaha Music School.

Ab 2000 studierte er an der Toho Gakuen School of Music in Tokyo bei Prof. N. Kato und bei Prof. N. Nakai.

Er absolvierte seine Prüfungen zum Bachelor als Jahrgangsbester und konzertierte daraufhin beim japanischen Kaiser im Imperial Palace.

Studium in Deutschland

Sein anschließendes Studium an der Hochschule für Musik und Darstellende Kunst in Frankfurt bei Prof. Catherine Vickers beendete er mit dem Konzertexamen.

Wettbewerbserfolge

Er ist Preisträger zahlreicher nationaler und internationaler Wettbewerbe – u.a. Tokyo Music Competition, Jaen International Piano Competition , Maj Lind Competition.

Beim Telekom Beethoven Competition 2013 in Bonn erhielt er den 3. Preis sowie den Publikums Preis.

Konzerttätigkeit

Shonnosuke Inugai spielte als Solist mit renommierten Orchestern wie Tokyo Philharmonic, Yomiuri Nippon Symphony, Tokyo Metropolitan Symphony, Japan Philharmonic sowie mit weiteren Orchesterni n Deutschland, Finnland, Italien, Spanien, Jordanien.

Regelmäßig konzertiert er, auch mit Eigenkompositionen, in seiner Heimat Japan und in Europa.

Jüngst führte ihn eine außergewöhnliche Konzertreise nach Uganda.

プロフィール

日本語

犬飼新之介(いぬがいしんのすけ)

静岡県浜松市に生まれる。4歳よりヤマハ音楽教室に入室、6歳より
ピアノを始める。
ジュニア・オリジナル・コンサート海外演奏旅行等に参加、
数多くの自作曲を演奏する。
桐朋学園大学に入学、浜松国際ピアノアカデミーを受講。
在学中に、第1回東京音楽コンクールピアノ部門第1位を受賞。
これをきっかけに、本格的な演奏活動を開始する。同大学を首席で卒業、
桃華楽堂にて御前演奏を行う

ヨーロッパでの留学

桐朋学園大学研究科を修了後、渡独。フランクフルト音楽演劇芸術大学にてCatherine Vickers女史に師事。2013年ドイツ演奏家国家資格取得コース(コンツェルト・イグザーメン)を修了した。フランクフルトでの活動としては、旧オペラ座アルテオーパーで行われるゲオルク・ショルティ国際指揮者コンクールにて公式伴奏員を勤めた他、同アルテオーパーでの演奏、ゲーテハウスでのデュオコンサート 、日本文化言語センター、 Sparkasse Frankfurt 銀行、ゲーテ大学“ Kirche am Campus”、Steinwayhaus Frankfurt、C. Bechstein Centrenでのコンサートを行った。
第15回日本映画祭(Nippon Connection)に出演、尺八奏者と共演した。

コンクール・音楽賞 受賞歴

第53回全日本学生音楽コンクール高校生部門東京大会第2位
第1回東京音楽コンクールピアノ部門第1位 
16回ホセ・イトゥルビ国際ピアノコンクール ディプロム受賞
第51回ハエン賞国際ピアノコンクール 第2位、及びスペイン音楽賞
モントリオール国際コンクール(カナダ) セミファイナリスト
第3回ヘルシンキ・マイリンド国際コンクール ファイナリスト
テレコムベートーヴェン国際コンクール(ドイツ) 第3位、及び聴衆賞
など、国内外のコンクールに入賞、その他にも
チャイコフスキー(ロシア)クリーブランド(アメリカ)ミュンヘン(ドイツ)リスト(ワイマール)等の国際コンクールに積極的に参加した。
第4回国際音楽マスタークラス・ゼーハイム/ユーゲンハイム(ドイツ)にて
特別奨学生に送られる„E. Hunbold-Preis“を受賞

演奏活動・音楽祭・レッスン

ドイツを拠点に、ヨーロッパを中心とした演奏活動、日本での定期的なリサイタルを行っており
ソリストとして活躍する一方、室内楽奏者としても多くの音楽家と共演。
アフリカや中東へのクラシック音楽普及にも貢献している。
フランクフルト音楽演劇芸術大学にて後進の指導にあたった他、マスタークラス等での指導にも
携わっている。
ベートーヴェン音楽祭(ボン)、おぢか国際音楽祭、Asago国際音楽祭(兵庫)International Music Weeks Salzburg などの音楽祭に招聘されている。

これまでに、国内主要オーケストラとの共演、国外ではドイツ・スペイン・イタリア・フィンランド・ヨルダン等のオーケストラと共演した。